Skip to main content
Version: 6.x

継続的インテグレーション

pnpmは、さまざまな継続的インテグレーションシステムで簡単に使用できます。

Travis

Travelis CIでは、 を .travis.yml ファイルに追加することで、pnpm を使用して依存関係をインストールすることができます。

.travis.yml
cache:
npm: false
directories:
- "~/.pnpm-store"
before_install:
- curl -f https://get.pnpm.io/v6.16.js | node - add --global pnpm@6
- pnpm config set store-dir ~/.pnpm-store
install:
- pnpm install

Semaphore

Semaphore では、次の内容を .semaphore.yml ファイルに追加することで、pnpm を使用して依存関係をインストールすることができます。

.semaphore/semaphore.yml
version: v1.0
name: Semaphore CI pnpm example
agent:
machine:
type: e1-standard-2
os_image: ubuntu1804
blocks:
- name: Install dependencies
task:
jobs:
- name: pnpm install
commands:
- curl -f https://get.pnpm.io/v6.16.js | node - add --global pnpm@6
- checkout
- cache restore node-$(checksum pnpm-lock.yaml)
- pnpm install
- cache store node-$(checksum pnpm-lock.yaml) ~/.pnpm-store

AppVeyor

AppVeyorでは、 を appveyor.yml ファイルに追加することで、pnpm を使用して依存関係をインストールすることができます。

appveyor.yml
install:
- ps: Install-Product node $env:nodejs_version
- curl -f https://get.pnpm.io/v6.16.js | node - add --global pnpm@6
- pnpm install

Sail CI

[Sail CI]では、 .sail.yml ファイルに追加することで、pnpm を使用して依存関係をインストールすることができます。

.sail.yml
install:
image: znck/pnpm:latest
command:
- pnpm
args:
- install

To get the exact Node version and pnpm version you require you can always make your own Docker image and push to Docker Hub.

GitHub Actions

GitHub Actionsでは、( .github/workflows/NAME.yml のようなファイルを置くことによって) pnpm を使用して依存関係のインストールとキャッシュを行うことができます。

.github/workflows/NAME.yml
name: pnpm Example Workflow
on:
push:
jobs:
build:
runs-on: ubuntu-20.04
strategy:
matrix:
node-version: [15]
steps:
- uses: actions/checkout@v2
- uses: pnpm/action-setup@v2.0.1
with:
version: 6.20.3
- name: Use Node.js ${{ matrix.node-version }}
uses: actions/setup-node@v2
with:
node-version: ${{ matrix.node-version }}
cache: 'pnpm'
- name: Install dependencies
run: pnpm install
note

パッケージ依存関係を actions/setup-node@v2 でキャッシュするには、 pnpm のバージョン 6.10+ が必要です。

Gitlab CI

Gitlabでは、 pnpm を使用して依存関係 のインストールおよびキャッシングを行うことができます ( .gitlab-ci.yml) 。

.gitlab-ci.yml
stages:
- build

build:
stage: build
image: node:14.16.0-buster
before_script:
- curl -f https://get.pnpm.io/v6.16.js | node - add --global pnpm@6
- pnpm config set store-dir .pnpm-store
script:
- pnpm install # install dependencies
cache:
key: "$CI_COMMIT_REF_SLUG"
paths:
- .pnpm-store

Bitbucket Pipelines

このようにして依存関係のインストールとキャッシュに pnpm を使用できます。

.bitbucket-pipelines.yml
definitions:
caches:
pnpm: $BITBUCKET_CLONE_DIR/.pnpm-store

pipelines:
pull-requests:
"**":
- step:
name: Build and test
image: node:14.16.0
script:
- curl -f https://get.pnpm.io/v6.16.js | node - add --global pnpm@6
- pnpm install
- pnpm run build # Replace with your build/test…etc. commands
caches:
- pnpm