Skip to main content
Version: 6.x

pnpm と Changesets を組み合わせて使用する

note

このドキュメントを書いている時点での、最新の pnpm のバージョンは v6.14 です。 The latest Changesets version was v2.16.0.

セットアップ

changesets を pnpm ワークスペースでセットアップするには、changesets を devDependency としてワークスペースのルートにインストールします。

pnpm add -DW @changesets/cli

changesets の初期化コマンド:

pnpm changeset init

新しいチェンジセットの追加

新しいチェンジセットを生成するには、 pnpm changeset をリポジトリのルートで実行します。 .changeset ディレクトリに生成されたマークダウンファイルはリポジトリにコミットします。

変更のリリース

  1. pnpm changeset version を実行します。 このコマンド先ほど pnpm changeset によって指定したパッケージ (とそれらのすべての依存) のバージョン更新を適用し、チェンジログファイルを更新します。
  2. pnpm install を実行します。 このコマンドによりロックファイルの更新とパッケージのビルドを行います。
  3. 変更をコミットします。
  4. pnpm publish -r を実行します。 This command will publish all packages that have bumped versions not yet present in the registry.

Using GitHub Actions

To automate the process, you can use changeset version with GitHub actions.

Bump up package versions

The action will detect when changeset files arrive in the main branch, and then open a new PR listing all the packages with bumped versions. Once merged, the packages will be updated and you can decide whether to publish or not by adding the publish property.

Publishing

By adding publish: pnpm ci:publish which is a script that executes changeset publish will publish to the registry once the PR is opened by changeset version.

name: Changesets
on:
push:
branches:
- main
env:
CI: true
PNPM_CACHE_FOLDER: .pnpm-store
jobs:
version:
timeout-minutes: 15
runs-on: ubuntu-latest
steps:
- name: checkout code repository
uses: actions/checkout@v2
with:
fetch-depth: 0
- name: setup node.js
uses: actions/setup-node@v2
with:
node-version: 14
- name: install pnpm
run: npm i pnpm@latest -g
- name: Setup npmrc
run: echo "//registry.npmjs.org/:_authToken=${{ secrets.NPM_TOKEN }}" > .npmrc
- name: setup pnpm config
run: pnpm config set store-dir $PNPM_CACHE_FOLDER
- name: install dependencies
run: pnpm install
- name: create and publish versions
uses: changesets/action@master
with:
version: pnpm ci:version
commit: "chore: update versions"
title: "chore: update versions"
publish: pnpm ci:publish
env:
GITHUB_TOKEN: ${{ secrets.GITHUB_TOKEN }}

More info and documentation regarding this action can be found here.