Skip to main content
Version: 5.x

pnpm publish

npm レジストリにパッケージを公開します。

pnpm [-r] publish [<tarball|folder>] [--tag <tag>]
[--access <public|restricted>]

ワークスペース内のパッケージを公開するとき、パッケージ自体にライセンスファイルが存在しなければ、ワークスペースの最上位に配置されたLICENSEファイルを同梱します。

You may override some fields before publish, using the publishConfig field in package.json.

このコマンドを再帰的に実行すると (pnpm -r publish)、 pnpm はレジストリに公開したバージョンの存在しない全てのパッケージを公開します。

Options

--tag <tag>

指定したタグでパッケージを公開します。 未指定の場合、pnpm publishlatest タグを更新します。

例:

# inside the foo package directory
pnpm publish --tag next
# in a project where you want to use the next version of foo
pnpm add foo@next

--access <public|restricted>

公開したパッケージを公開アクセス可能にするべきか、制限するべきかをレジストリに通知します。

git-checks

追加されたバージョン:v4.11.0

  • 初期値:true (v5から)
  • タイプ: Boolean

trueを指定した場合、pnpm publishは今のブランチが公開したブランチかどうか (初期値は master です) 、ステージングしていない変更はないか、最新化されているかをチェックします。

publish-branch

追加されたバージョン:v4.11.0

  • 初期値:master
  • タイプ:文字列

最新の変更を公開するために使用する、リポジトリの基本ブランチ名を指定します。

--force

追加されたバージョン:v5.18.0

現在のバージョンがすでにレジストリに公開済みでも、パッケージの公開を試みます。

--filter <package_selector>

Added in: 4.6.0

Read more about filtering.