Skip to main content
Version: 5.x

pnpm list

別名:ls

このコマンドは、インストールされているパッケージのすべてのバージョンと依存関係を、ツリー構造で出力します。

位置引数に name-pattern@version-range という形式の識別子を指定すると、出力するのはパッケージ名だけになります。 例えば、pnpm list "babel-*" "eslint-*" semver@5のように実行します。

Options

--recursive, -r

サブディレクトリの全てのパッケージを対象に実行します。ワークスペース内で実行した場合は、ワークスペース内の全てのパッケージを対象に実行します。

--json

追加されたバージョン:v3.7.0

ログを JSON 形式で出力します。

--long

詳細情報を出力します。

--parseable

ツリー形式ではなく、解析しやすい形式でパッケージのディレクトリ構造を出力します。

--global

現在のプロジェクトではなく、グローバルインストールディレクトリのパッケージを一覧表示します。

--depth <number>

依存関係ツリーの表示する最大の深さを指定します。

pnpm ls --depth 0 は直接依存関係のみを一覧表示します。 pnpm ls --depth -1 はプロジェクトのみを一覧表示します。 ワークスペース内で-rオプションと組み合わせて使用すると便利です。

--prod, -P

dependenciesoptionalDependencies に含まれるパッケージの依存関係グラフのみを表示します。

--dev, -D

devDependenciesに含まれるパッケージの依存関係グラフのみを表示します。

--no-optional

optionalDependencies に含まれるパッケージを表示しません。

--filter <package_selector>

Read more about filtering.